体外受精→陽性反応の日々とつれづれ


by sumire_1973
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

検診のその後

前回の検診で「明らかに赤ちゃんが小さい。できれば早めに里帰りした方がいい」と言われ、予想外の言葉にガーン!とショックを受けて帰ってきたのですが、今後どうするか考えてみました。

実家の近くにある分娩予定の総合病院に電話で事情を話して、検診を待たずに来週にでも診てもらった方がいいのか聞くと、
「もし心配だったら来てもらってもいいんですが、検診は2週に1度と決まっているので、来週来てもらったとしても診察扱いになってしまうんですよ。で、また次の週に検診に来てもらわなきゃいけなくなってしまうので、どちらでもかまわないんですが、2週間後でも大丈夫だと思います」
とのこと。

また今は標準に対して何週遅れなのか、確認されました。
今現在はだいたい2週間遅れくらいです。
その病院では2週間なら様子見、3週間遅れた場合は入院になってしまうのだそう。

入院・・・。

まだほとんど準備もしていないのに。

結局、本格的に里帰りするのは予定通り11月後半ということにして、2週間後の検診は1泊で帰省して受診することにしました。

今のクリニックの先生は見立ては確かだと思うけど、母親に対しての説明や精神的なフォローが全くないので、必要以上に不安になってしまう・・・だったら合わない先生に診てもらうよりも、病院は早めに転院した方がいい。

こちらの先生に「今、私が赤ちゃんのためになにかできることはありますか?」と聞いてみましたが、「なにもない」と即答。生活を変える(例えば安静にするとか)必要はないようです。ならばできるだけ自宅にいた方が夫もいるし、妊婦友達と話もできるし、精神的に落ち着いていられるので(実家にいると親が心配してあれこれ言うだろうし、なにより暇だとたぶん余計なことまで考えてしまう)、里帰りは34週になってからと決めました。

くよくよする自分がいる反面、「私がこの子の生命力を信じなくてどうする!」という強い気持ちもあります。ちゃんとお腹の中で動いているし、頑張ってゆっくりとでも成長してる。大丈夫だよ!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-10-30 10:38 | 8ヶ月

30w4d検診

クリニックの待合室で、携帯からの投稿です。

さっき診てもらったのですが、やはり赤ちゃんは小さい…1255gでした。2週間前から200gしか増えていない。

先生から「可能ならば早めに里帰りした方がいい」と言われてしまいました。

心臓には問題はないし、臍帯の血流も悪くない。胎盤機能が悪いという積極的な要因は見当たらないから、恐らく筋腫の影響でしょうと。

緊急性はないけど、34週ギリギリでいきなり診せるよりは、なるべく早めの方が(分娩先の)医者としてはありがたいだろうと。

なんか急な話で考えがまとまらないけど、今紹介状を書いてもらっています。

大丈夫、大丈夫。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-10-28 12:00 | 8ヶ月
新型インフルエンザワクチンの接種が、いよいよ来月から始まりますねー。
通っている産科に確認したところ、「新型ワクチンは次回検診のときに予約をしてください。季節性ワクチンの方は、今年に限り当院では扱っていないので、申し訳ないんですが他の病院で受けてください」とのこと。

季節性のワクチン接種・・・迷いましたが、もしかかってしまって重症化したら赤ちゃんにも影響があるだろうし、やっぱり打っておこう!と決意。内科だと風邪&インフルエンザの患者さんもたくさんいるだろうから、できれば産婦人科で・・・と探してみたんですが、接種できるところが見つからない。

近くのエリアで数件問い合わせてみましたが、どこも「今年はワクチンの在庫が少ないので、普段からかかっている妊婦さんに限って接種しています」という回答。そりゃそうか。もう10月も後半だし、今テレビなんかの報道もピークだし、そもそも行動を起こすのが遅かったなぁ。

仕方がないので産婦人科はあきらめ、内科で探すことに。
運良く2軒目で「もう在庫も少ないんですが、今日いらして頂ければ接種できます」というクリニックに出会えました。

タイミングよく夫も休みだったので、二人そろって徒歩5分のクリニックへ。

初めての病院だったのですが、小さな個人病院だけど脳ドックができるMRIなんかもそろっているし、受付の人もとても親切。「これからはここをかかりつけにしようか」と夫と話したり、最初は余裕だったんですが・・・

待っても待っても順番がこない!
というか、待合室にいる患者さん(5人)の顔ぶれが全く変化しない!
「先生がいないのかなー?」と思っていたら、しばーらくしてから一人がやっと呼ばれました。どうも一人にかける時間が極端に長い様子。小さなクリニックだし、予防接種だけだし、10分くらいで終わるだろうなんて甘い考えで行ったのですが、とんでもなかったです・・・。

でも待つこと1時間半、ようやく順番がまわってきて診察室に入ると、その謎が判明。おじいちゃん先生がとっても丁寧に説明してくれるんです。

「季節性インフルエンザワクチンは、今まで『原則的に妊婦には接種しない』という注意書きがあったんですよ。それは催奇性、奇形を発生させる副作用のことがはっきりしなかったからなんですね。まったく関係ないという証拠がない。

ところがご存知の通り、今回の新型インフルエンザでは妊婦が接種優先順位の2番目にきています。これは国産ワクチンに限ってですけど、インフルエンザにかかった場合の赤ちゃんへの影響と、副作用のリスクとを考え合わせて、なおかつワクチン接種をしておいた方がよかろうということなんですね。新型と季節性とワクチンの作り方は同じです。それにもう妊娠8ヶ月ということですから、初期と違って赤ちゃんはほぼ出来上がっていますし、催奇性というのは考えにくいですから、やはり打っておいた方が安心でしょうね」

と本当に丁寧に説明してくれました。
普段見てもらっている産科の先生がインフォームドコンセントとはかけ離れているだけに(笑)、感動したほど。先生のおかげで安心してワクチン接種をすることができました。

これからは具合が悪くなったら、ここで診てもらおうっと。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-10-23 11:12 | 8ヶ月

どんな音楽が好き?

今まで胎教なんて考えてもみなかった私ですが、この間マタニティビクスともだちから「モーツァルトを聴くと胎動がすごいんだ。病院でもクラッシックとか静かな音楽を聴くと、よく動く赤ちゃんが多いって聞いたよ」と聞き、試してみようかな〜と思っていました。

その話を夫にしたところ、早速you tubeでモーツァルトを検索した様子。
数曲、聴いてみましたが・・・

まったくの無反応。

「ハハハ、やっぱりね〜。だって私が全然クラッシックに興味ないし」
とは言ったものの、静かでなじみのある曲なら反応するんじゃないか?と、TSUTAYAでCDをレンタルしてきました。
b0164846_18515221.jpg
b0164846_1852368.jpg

ジブリ・ザ・ベスト(インストゥルメンタル)と栗コーダーカルテット「遠くの友達」。

まずはジブリを聴いてみると・・・

蹴ってます蹴ってます!

「そっかー、ジブリが好きなんだねー。今度歌が入っているやつも借りてこようね」
とほのぼのしながら、次!次!とばかりに栗コーダーカルテットを聴いてみると、これまたなかなかのキック!

「あれ、リコーダーも好きなの?お母さんと気が合うねえ」
とその気になっていましたが・・・

その後、何をかけても同じ反応をすることが判明。
そもそも音楽うんぬんではなく、単に夕方のごはん準備に取りかかる前のリラックスタイムで、胎動を感じやすかっただけのようです。

きっと私がリラックスして、ゆったりした気分でいることが一番なんでしょうね〜。
ということにしておこう・・・。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-10-20 19:05 | 8ヶ月

28w4d検診

今週の水曜日に検診へ行ってきました。

小さいと言われ続けている赤ちゃん。
2週間前の検診時795gから、どれくらい成長してくれてるんだろう?

ドキドキしながらの検診結果は・・・

1053g!

やっと1000gを超えてくれました!!

先生もいつも通りの無愛想ながらも(笑)丁寧に心音を聞いたり、臍帯の血流を見たりした上で、「小さめは小さめだけど、心臓も問題ないようだし、まあ大丈夫でしょう」と言ってくれました。よかったー・・・・。

1000gを超えたことで、こんなにも安心できるとは。固くて居心地のよくない子宮の中で頑張って成長してくれて、お母さんは本当に嬉しいよ。

張り止めのウテメリンも、飲まなくていいことになりました。
相変わらずの逆子ちゃんだったけど、今までずっと逆子できているから、この子はこの位置が好きなのかな〜と思っています。子宮頸管長も4.75cmで問題なし。逆子のことは別としても、筋腫があるから帝王切開のことは考えておかないと、と念を押されましたが(これは里帰り先の病院に判断してもらう予定)。

予定日通りに産まれたとしても、妊娠生活はあと2ヶ月半しかないんですね〜。
お腹の中で赤ちゃんが動く感覚をしっかり味わっておかなくちゃ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-10-16 18:52 | 8ヶ月

8ヶ月に入りました

先週の土曜日で28w0d、ついに8ヶ月。妊娠後期に入ることができました。
胎動が徐々にですが、力強くなってきているのも嬉しい。
考えてみれば里帰りまであと1ヶ月ちょっと。さすがにあれもやっていない、これもやっていない・・・と若干焦ってきました。

具体的には、
・学資保険の検討、契約
・出産一時金の手続き方法確認(里帰り出産のため)
・出産後の役所への手続き手順と必要な物の確認
・マンションの賃貸契約更新(うっ・・・出費が辛い)
・里帰りで家をあける間の食材準備(冷凍食品など)
・ベランダの植物の手入れ、植え替え
・上記含め、留守中夫にやってもらうことのリストアップ

今思いつくのはこんなところかなぁ。入院準備などは里帰り先の病院でリストをもらえるかもしれないので、帰省してから揃えようと思っています。ネットで買ってもいいし。

そんな中、先週は夫が出張で家をあけてしまうため、実家から母に来てもらっていました。私自身はいたって体調がいいので別にひとりでも・・・と思っていたのですが、いざ来てもらうとやっぱり楽だな〜と実感。料理は私がしたものの、食事の後片付け・布団の上げ下ろし・お風呂掃除・ベランダの植物の水やりなどもろもろを5日間やってもらって、姫気分でした(笑)

お世話になりっぱなしでは申し訳ないので、鎌倉まで観光に出かけてきました。
連休初日の土曜日ということで、小町通はすごい人ごみ!その混雑を避けて、少し駅から離れた金沢街道エリアへ行くことに。まずは以前友達と行ってとても気に入った竹庭の寺、報国寺へ。

料金を払って庭に一歩入ると、突然薄暗くなり、辺りは一面の竹。観光客はそれなりに多いものの、静寂で神秘的な雰囲気・・・。
b0164846_1525936.jpg

やはり素敵なところでした。庭を眺められる茶店で、抹茶と和三盆もいただきました。こういう静けさを楽しむ場所には、もうしばらく行けないだろうな。

その後は近くにある旧華頂宮邸、杉本寺を見て、お昼ご飯を食べて、大好きな鳩サブレをおみやげに買って、早めに切り上げてきました。母も喜んでくれたようだし、出産前に大好きな鎌倉に行けてよかった。

次に母と会うのは里帰り後。今のところ34週に里帰り、生後1ヶ月検診が無事済んだら自宅に戻る予定なんですが・・・2ヶ月半も夫と別居か・・・寂しいなあ。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-10-12 15:40 | お出かけ

4D外来

今日で27w0d。7ヶ月も最終週になりました。早いなぁ。

今になってやってきたマタニティーブルーとも思える気分の落ち込みをパッと払いのけたくて、4D外来をやっているクリニックに行ってきました!

私が通っている病院でも4Dの機械はあるんですが、見てくれるのは診察上必要なときだけで、「お楽しみ」的には見せてもらえないんです。先生に以前「4Dはいつ頃見られるんですか〜?(ワクワク)」と聞いたらば、「医者が見たいとき。」と取りつく島もないお答え。ま、検診は本来赤ちゃんの無事を確認するためのものだから、そう言われればしょうがない。

ということで30分完全予約制、サービス満点の4D外来へGO!

お腹にエコーを当ててもらうと、最初は肉がぐにゃぐにゃ動いてる感じでよくわからなかったけど、だんだん赤ちゃんの顔がわかってきました!今のところ逆子で私のおへその右側に頭があるので、右からの横顔。目をつぶってて、ほっぺはぷっくり。ほ〜、もうちゃんと赤ちゃん顔になってるんだなぁ。お尻を下に体をV字に折り曲げて、手で足を抱えていました。新体操の選手か!?なんとまあ体が柔らかい・・・とびっくりしていたら、

「赤ちゃんは股関節に大腿骨がはまってませんからねー。それがはまるのが大体1歳くらいで、だからそれまでは歩けないんですよ」と教えてくれました。なるほどー。

「赤ちゃんはお腹の中で遊ぶのが大好きだけど、子宮の壁はたいらだから触ってもあまりおもしろくないでしょ?だから自分の顔を触ったり、指しゃぶりをしたり、足を触ったりして遊んでるんですよ。
あとお母さんの声はもう聞こえていますからね。産まれてすぐ、お母さんは赤ちゃんに声をかけるでしょう。その声を聞いて『あー、いつも聞いていた声だ。この人が育ててくれる人なんだな』って本能的にわかってるんですよ。
そして30cmくらいの範囲しか見えていないけど、それはおっぱいを飲ませてるお母さんの顔がちょうど見える距離なんですよね。よくおっぱいを飲んでる赤ちゃんがお母さんをじっと見てるでしょ?声を聞きながら、これがお母さんかーって認識してるんですよ」

と興味深い話がいろいろ聞けました。

ついでに筋腫を見てもらったんですが、6cmくらいでどうやら大きくはなっていない様子。ほっ。今は逆子だけど、そんなに大きい筋腫でもないから逆子が治れば自然分娩でいけるんじゃないかな?とも。まあ私は分娩方法にはこだわりがないので、里帰り先の先生の判断に従おうと決めていますが。

赤ちゃんの成長は、確かに小さめだけど、標準の範囲内だし心配するほどではないですよ、とのこと。「赤ちゃんを大きくするには安静が一番です」と言われました。「横になっている時が最も赤ちゃんに栄養が行きやすいので、できれば毎日昼寝をして下さいね。運動が悪いってことではないですよ。一日のうちで横になっている時間を多めに作るようにして下さい」と。

いつもの先生とは違う視点からいろんな話が聞けて、よかったです。
誰かひとりの意見を鵜呑みにするのじゃなく、いろいろ違う意見を聞いて自分で判断するのが私には合っているのかなー。

そしてふと気づいたのは、検診での自分の態度。
いつも先生の話に「はい、はい」と相づちを打つのがほとんどで、なにか問題点を指摘されたときに「それを改善するにはどうしたらいいのか?」という積極的な姿勢に欠けていたな〜と。先生に親切さがないのは確かだけど(笑)なにより自分と自分の赤ちゃんの問題なんだということが身に染みていなかったのかも。

それがわかっただけでも来た甲斐があったなぁ。

プラス、性別がわかりました。女の子確定です!
夫に「確実に女の子だって」と報告したら、「やっぱりそうだったか〜」とニヤニヤが止まらない様子。双方の実家に報告したり、メールで知らせた友達から電話がかかってきたりして、幸せな一日でした。

お腹の赤ちゃん、もうこんなにみんなが会える日を楽しみにしてるんだよ。
ありがたいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-10-03 10:27 | 7ヶ月