体外受精→陽性反応の日々とつれづれ


by sumire_1973
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

里帰り、その後

先週、夫に車で送ってもらって里帰りをしてきました。
翌日夫が東京に戻ってしまう時は寂しくて、涙涙のお別れ(笑)
でも夫が帰ってしまったことで、「ちゃんとこの子を産まなくちゃ!」と改めて自覚しました。

家族のサポートは本当にありがたく大きいものだけど、究極には赤ちゃんを無事この世に産み出せるのは自分だけ。体調管理、特に体の変化に気をつけなければ!

前回の検診(里帰り先では2回目の検診)では、また厳しい言葉をもらってしまいました。

推定体重は34w4dで1920gと、やはり約2週間遅れ。
「やっぱり小さいねえ・・・。
胎児死亡の一番大きな要因が、赤ちゃんが小さいってことなんですよ。10カウントって知ってる?胎動を10回感じるまでどれくらい時間がかかるか数えることなんだけど、それをやって下さいね。1時間以内に感じられれば赤ちゃんは元気だってことだから。もし1時間以上たっても胎動を感じられなければ、病院に連絡して下さい。

標準から3週間以上成長が遅れたら、管理入院になります。お腹にモニターをつけて、赤ちゃんの具合が悪いようならすぐに緊急帝王切開で出すことになりますからね」

そして最もショックだったのが、東京の病院からの紹介状を見つつ(体外受精、凍結胚移植のことも書いてあります)
「凍結胚はまだ残っているの?」
と聞かれたこと。

私はとっさには意味がわからなかったけれど、一緒にいた夫はそれを聞いて
「もしお腹の子が駄目でも、次妊娠できるような凍結胚は残っているか?という意味か・・・」
とものすごく心配になったようです。

診察室を出て実家に帰る道中、夫は
「でも今までもずっと2週間遅れできてるんだし、元気に動いてるし、きっと大丈夫だよ」と自分に言い聞かせるように励ましてくれました。
その言葉で「夫と私と赤ちゃんと、もう3人の家族なんだ、赤ちゃんがこの世に出て来る日に向かって、みんなで心配したり努力したりしてるんだな」という気持ちがじわじわとこみ上げて泣けてきそうでした。

油断はよくないけど、でもこの子にはちゃんと産まれて生きて行ける力があるという気がしてなりません。夫が言うように、わりと初期の頃から小さいと言われ続けてきたんだし。あともう1ヶ月くらいで、きっと元気なこの子と会える!と根拠もなく信じています。

今できることは何かありますか?と聞いてみたけれど、やっぱり特にないらしい・・・。お腹の張りはよくないので、張り止めを忘れずに飲むことと、横になる時間を多くとることくらい。本来はまだ2週間ごとの検診なんですが、不安要素があるため1週間後に診察扱いで診てもらうことになりました。

お母さんは信じているからね。狭いお腹で悪いけど、赤ちゃんがんばれ〜!!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-11-29 08:04 | 9ヶ月

保険に悩む

いよいよ里帰りまで1週間を切りました。

そして案の定、ここへ来て切羽詰まってバタバタしています(笑)
今日は夫の保険の見直しをするために、保険会社の担当者に来てもらいました。今までかけていたのは、入院などの医療保障がメインのタイプ。夫が独身時代に入った保険です。それでは不安だし、今度子どもが産まれるので・・・と担当の方に伝えて、より保証が手厚いタイプに変更することに。

考えたくはないけれど、万が一のことがあったときに子ども(+私)がちゃんと生きて行けるように・・・

プラン変更をするためには、病院で簡単な検査をしなければいけないようで、そのための手続きやなんやらで計3回は担当の方に来てもらうことになりそう。繰り返しますが、里帰りまで1週間切っているのに間に合うの!?

というより、なんで計画的にできないのか私よ・・・と情けなくなります(汗)

学資保険も一緒に入ろうと思っていたんですが、その保険会社では扱っていないそう。もし付けるとしたら、保険金に上乗せして月々いくらか(例えば1万)支払う→その分が貯蓄として残る(毎月1万なら年12万貯まる)、というものになるとのこと。なるべくなら一度で手続きを済ませたかった私としては、「それでお願いします」と言いそうになったんですが、「待てよ?学資保険なら確か契約者死亡の場合、それ以降の掛け金は払わなくてよかったはず」と思い出して踏みとどまりました。

担当の方も「いつまで続くかはわからないけど、子ども手当で月々もらえる分をそのまま貯金しておけば、とりあえずの学費には足りると思いますけどねー」と、積み立て方式にはあまり積極的ではない感じだったし。

結局学資保険は産まれてから決めることに持ち越し決定。ああー。

夫婦どちらかが事務能力に優れていれば問題ないんですが、うちの場合はどっちもてんで駄目なので、こういうときに辛いです。ふぅ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-11-18 14:57 | 9ヶ月

増えてました!

里帰り先の病院で、初の検診を受けてきました。

初診は予約ができないとのことで、新患扱いで待つこと3時間。
その間にもう臨月かな?という大きなお腹の妊婦さんが緊急入院になったらしく、看護士さんに「ご家族で連絡のつく方はいますか?もうこのまま入院していただきますので」と言われ、車椅子に乗せられて病棟へ連れて行かれる姿を見ながら、もし私も管理入院になったらどうしよう・・・と不安に。

やっと順番がきて、初対面の先生にエコーで診てもらったところ、


前回から、まさかの500g増でした!!


34w4dで1728g。
小さめだし、成長曲線の下限ギリギリというのは変わらないけれど、2週間でこんなに成長してくれてたんだ・・・と思ったら、嬉しくていとおしくて。

先生からも「そんなに心配するほど小さくはないですよ」と言ってもらえました。
ただし、「推定体重は客観的な数値だと思われがちだけど、測る人間によって変わるから、どちらかといえば主観的なものなんですよ」とも言われましたが(笑)

なので、単に前の先生が小さめに測るタイプで、新しい先生が大きめに・・・という可能性はあるけれど、もうこの際いい方を信じます!ちゃんと成長しているのは事実だし。よかったー・・・。

安心して、力が抜けました。
単純なもので、心なしか胎動も力強く感じられます。

ここまで来れたことが本当にありがたい。
産まれてくるまであと少し、もう少し一緒にがんばろうね!

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
[PR]
by sumire_1973 | 2009-11-12 19:19 | 9ヶ月

一時的な里帰り

ずいぶん間があいてしまいました。

マタニティビクスへ週2回通ったり、友達とランチをしたり、人と会ってしゃべっている間は楽しく過ごせるんですが、ぽっかりと時間があいてしまうと不安が押し寄せてきてしまって。

明日、一泊で実家に帰省し、あさって里帰り先の病院へ紹介状を持って行く予定です。

赤ちゃん、大きくなってくれているかな?
がんばれ〜〜〜!!
[PR]
by sumire_1973 | 2009-11-09 18:04 | 9ヶ月